読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんどくさがりやのライフログ

めんどくさがりやでズボラなわたしのシンプルライフ。夫と息子と3人家族。

ランチョンマットをやめて、木製トレーへ。配膳と下膳を時短に。

少し前から、食卓にランチョンマットを敷くのをやめて、木製トレーを取り入れることにしました。

 

f:id:coya-kurumi:20170410150741j:image

 

食事の用意と片付けをなるべく簡単に済ませるためです。

今までは、食事の際にランチョンマットを敷いて食器を並べていたのですが、

これだと配膳と下膳の際に何度も台所を行ったり来たりしなければなりません。

それがめんどうで、ランチョンマットから木製トレーへ変えました。

 

我が家のトレーは、天然木をウレタン塗で仕上げてある、 ナチュラルなウッドトレー。

一汁三菜を乗せることができる、42㎝×28.5㎝の大きめサイズです。

 

f:id:coya-kurumi:20170410150808j:image

 

ランチョンマットも食事のたびに違うものにしたりして、雰囲気を変えて楽しんでいたので嫌いではないのですが、木製トレーにしたらぐっと家事が楽になりました。

なんでもっと早くに取り入れなかったんだろう、と今では思っています。

 

ランチョンマットをやめて、よかったこと。

①配膳、下膳の際に食器をすべてトレーに乗せて、トレーごと食卓や台所へ運べる。

②汁物をこぼしてしまったとしても、トレーの中で済みやすい。食事が終わったら、トレーを台拭きで拭いておしまい。(ランチョンマットだと、マットから

こぼれて食卓とマットの裏側も汚れてしまっていた。)

③額縁効果があるのか、食事がおいしそうに見える。

④ランチョンマット 兼 お盆。見栄えが良くしっかりした作りなので、来客にお茶を出す等、お盆としても使える。→お盆とランチョンマットは不要になるかも?

 

時短になり、お手入れが簡単で、見栄えがよい。

上記のように、ランチョンマットから木製トレーにしたことでかなりメリットがありました。

デメリットをあげるとすれば、お値段が高いということです。

ランチョンマットは100円ショップでも買えますが、木製トレーは安くてもマットの10倍はお値段がします。

特に、大人一食分が乗る大きめサイズはなかなかお手頃のものがないのですが、楽天で見つけたこの木製トレーがお値段もお色もサイズ感も、我が家にぴったりでした。

 

今は三人家族ですが、来客があった時用にと4枚購入し、毎日活躍しています。

 

時短になり、お手入れが簡単で、見栄えがよい。

木製トレーはお値段以上によい仕事をしてくれています。